ブルーオーシャン戦略

今すぐ内容を確認する

当たり前の話ですが、ライバルが山のように居るところでトップを
目指すよりも、ライバルが誰もいないところでトップを目指す方が
簡単な事は言うまでもありません。

競馬予想にて、ライバル不在の状況というと、どのようなイメージ
があるでしょうか?

競馬研究家の西城つよしさんは、似たような実力の馬が数多く集う
重賞レースやメインレース、ハンデ戦などはライバルが多いレッド
オーシャン
と指摘します。

一方で、1頭だけ極端に強い馬がいるレースだと、ライバル不在で
簡単に勝てそうな気がすることはいうまでもありませんが、オッズ
的には単勝1.0倍に限りなく近づくでしょうから、うまみがない
という点では物足りないかもしれません。

このため、ライバルが弱くて的中させやすいレースでありながらも
それなりの配当が狙えるとなると、意外に難しいものです。

西城さんはこのようなレースを探すべく「blue ocean strategy」
(ブルーオーシャンストラテジー)
という独自の戦略を打ち立てて
いますが、この戦略が通用するシーンは2種類存在するといいます。

過去3年間の、それぞれの「ブルーオーシャン戦略」の結果は以下
のように、素晴らしい成果が出ていることに驚くのではないでしょ
うか?

ブルーオーシャン戦略1:通算回収率133%
ブルーオーシャン戦略2:通算回収率129%

どちらのブルーオーシャン戦略も、回収率100%を割り込んだ年
はありません。

【「ブルーオーシャン戦略」の公式サイトを確認する】

シェアする

フォローする